リストレスト FITTIO 手首サポートで疲労軽減

ELECOM(エレコム)から今年発売された「FITTIO」というシリーズの中からリストレスト(MOH-FTRBK)を使ってみた。

IMG_20160719001

パッケージ裏面は

IMG_20160719002

こんな感じ。
高さ・形状・素材にこだわって、横浜市総合リハビリテーションセンターとの共同開発という障害者サポートのプロと手を組んだ商品。
特徴は、
・手首にフィットした形状
・車椅子のクッションもに使われている「エクスジェル」という柔軟性のある素材
だそうで、日頃から右手首が痺れがちな自分にはちょっと気になるうたい文句。
整形外科ではギオン管症候群と診断されている。
さて、開けてみると、

IMG_20160719004 IMG_20160719003

表側はとても柔らかくて、それでいてサラっとした触り心地。
裏面はペタペタしていて机に貼り付けると動かないように出来ている。

IMG_20160719005

使ってみた感想は、
・高さがちょうど良くマウスに伸ばした手のひらが机に強く当たらない
・今までの同様の製品よりも柔らかさが増している

一方、気になったのは
・くぼみが手首にフィットするのは良いが、大きくマウスを動かす時は手を大きめに振るクセがあるので幅が足りない。
・長時間使用していると、リストレスト自体がシーソーの支点みたくなり、重みがかかる。奥行き60mmだけど置き場所さえあったら100mmくらいにしてみたい気がする。
・くぼみのあたりは中身の薄い部分でもあるのでクッション性がやや落ちている気がする。土台の堅い部分がもう少し薄くなるといいのかな。
それから、価格がちょっと高めの設定。介護福祉系の商品ならばなおさら、お財布にも優しい価格設定を期待したい。

これとは別に、パームレストとして幅300mmのMOH-FTPBKというのがあるが、フルキーボード用の幅450mmくらいのものが欲しい。裏面はペタペタしなくて、むしろキーボードとの距離を固定できる仕掛けがあったら便利だと思う。
※上記パームレスト(MOH-FTPBK)も大変に高価で手が出ない。

ともあれ、手首を痛めている自分にとっては、マウスをつかむ手にかける力が少なくてすむような気がするので、低反発素材とは違った感覚で、疲労軽減に良い商品だと思う。

スポンサーリンク

Warning: Attempt to read property "request" on null in /home/suu-net/suu-net.com/public_html/wp/wp-content/plugins/display-widgets/geolocation.php on line 51